手続きの種類を把握しよう

引っ越しする時に行わなければいけない役所での手続き

何をすれば良いのか知ろう

市役所に行くと、住民票の変更ができます。 引っ越せば、住所が変わります。 新しい住所を登録しておかないと、様々な場面で困ります。 手続きをするためには、いくつか準備しなければいけないものがあります。 何が必要なのか調べてください。 引っ越し先によって、準備が変わります。

保険証の手続きが必要

国民健康保険に加入している人が多いと思います。 病院の負担額が減るので便利ですが、住所が変わるとこれまで使っていた保険証が使えなくなってしまいます。 変更すれば、再び使えるので安心してください。 引っ越したら、忘れないうちに手続きを済ませましょう。

引っ越し先による違い

まず、住民票を変えなければいけません。
住民票は、どこに引っ越すのかよよって手続きが変わります。
これまで住んでいた市町村と、変わらない地域に引っ越す場合の住民異動届は転居用になります。
しかし市町村が異なる地域に引っ越す人がいるでしょう。
その場合は転出用の住民異動届になります。
間違えないで書類を記入してください。
名前が似ていますが、それぞれ必要な書類の種類が変わります。
きちんと住所を変更できるよう準備しましょう。

国民健康保険に加入している人がいると思います。
住所が変わると、これまでの保険証が使えなくなってしまいます。
それでは病気になった時に困るので、引っ越し先で使える保険証を新しく作ってください。
まずこれまでの保険証を返却しないと、新しく作れません。
また、保険証の変更ができる時期が決まっています。
決められた期間内に変更しなければいけないので、忘れないでください。
早めに済ませることをおすすめします。

国民年金に関しても、引っ越した時に手続きを済ませないといけません。
会社員の人と自営業の人と、手続きが変わります。
そのように住所が変わると、複数の手続きが必要になります。
いきなり手続きをしなければいけないと思っても、よくわからないと思います。
引っ越す予定のある人は、事前に手続きの流れを知っておきましょう。
するとスムーズに全ての手続きを終了させられます。
間違わないよう、落ち着いて書類に記入してください。

まだまだ手続きは終わらない

住民票や保険証を変えたら、もう手続きは終了だと思っている人がいるのではないでしょうか。 しかし、まだ変えなければいけないものがあるので注意してください。 年金の登録も変えていないと、年金を支給してもらえなくなってしまいます。 正しい方法で、変更してください。

TOPへ戻る